本文へスキップ

地域公共交通サミットin北九州2018

本紙主催「地域公共交通サミットin北九州2018」閉会に際しての御礼

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、今般、北九州市の九州国際大学に於いて、北九州市との共催により「地域公共交通サミットin北九州2018」を無事、開催することができました。 皆様方には、全国各地、地元・九州より数多くのご参加を賜り、誠にありがとうございました。 主催の任を果たせましたのも、地元の皆様の温かいご支援、ご協力、ご登壇いただいた方々の多岐にわたる充実したご講演とご発言、ご参加の皆様の熱気の賜物と存じ謹んで深謝申し上げます。 専門新聞として、地域公共交通をテーマに地域の方々とともに全国にメッセージを発信するという初の挑戦。私どもの至らない点も多々、ございました。今回の経験を糧に、今後さらに地域の皆様の取り組みを応援し、地域公共交通の発展に役に立つよう努力する所存でございます。 何卒、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願いを申し上げます。

敬具

  • 平成30年4月
  • 株式会社 東京交通新聞社

    『 北九州サミットにおける名古屋大学・加藤博和教授の基調講演資料 』

     加藤教授の資料はこちらからダウンロード頂けます

     非常に参考になった、と大好評を頂いた、加藤博和名古屋大学環境学研究科教授の基調講演内容の資料が上記リンク先にアップロードされております。是非ご覧下さい。


    地域コミュニティの再生と移動の問題を考える


     東京交通新聞社は、政令指定都市の中で最も高齢化が進展する北九州市に於いて「公共交通を軸にしたまちづくり」(コンパクトシティ+ネットワーク)をテーマに「地域公共交通サミットin北九州2018」を下記にて開催し、全国から多数の参加を賜りました。
     公共交通を軸にしたまちづくりとは何なのか――を視座に、少子高齢化がもたらす移動の問題の抜本的解決策としての地域コミュニティの再生などについて、議論を深め、宣言を採択しました。

                 地域公共交通サミットin北九州2018宣言

    「人の息吹と街の個性を生かし、交通とまちづくりを有機的に連携させて取り組むことを誓います」


                                        記

     開 催 日 2018年4月12日(木) 13:20開会
         (受付は13:00から)
     場  所 九州国際大学・大講義室(KIUホール)
          福岡県北九州市八幡東区平野1-6-1
          最寄り駅 JR八幡駅(九州国際大学まで徒歩約10分)
          ※来場は公共交通機関をご利用ください
     主  催 東京交通新聞社
     共  催 北九州市
     後  援 国土交通省 九州国際大学
          九州乗用自動車協会 福岡県タクシー協会 北九州タクシー協会 福岡県個人タクシー協会
     協  賛 福岡トヨタ自動車 福岡トヨペット 日産自動車販売 西鉄バス北九州 全国個人タクシー協会近畿支部
          福岡県タクシー協会 北九州タクシー協会 九州乗用自動車協会 福岡県個人タクシー協会
          北九親交会個人タクシー協同組合 ハト個人タクシー協同組合 島田商会 北九州観光コンベンション協会
     参 加 料 無料
     懇 親 会 会費 2000円(当日払い)
         ※会場は九州国際大学




      公共交通が支えるまちの風景をみんなで議論して描き出した北九州サミット(4月12日、九州国際大学)


                【プログラム】
    ◆開 会(13:20)
     13:25 
     主催者挨拶
     13:30 
     共催者挨拶 北橋健治・北九州市長(予定)
     13:35 
     後援者挨拶 西川京子・九州国際大学学長(元厚労副大臣、元文科副大臣)
    ◆基調講演
     13:40
     加藤博和・名古屋大学環境学研究科教授(地域公共交通プロデューサー)
     「公共交通がまちをつくり、まちが公共交通をつくる−いまこそ、舵を切れ!−」
     14:05
     神力潔司・九州国際大学法人事務局次長(工学博士)
     「都市計画と地域公共交通−まちづくりとコミュニティ交通のアクセシビリティ−」

     14:30
     ―休 憩―

    ◆事例報告
     14:35
     総合警備保障(ALSOK)北九州支社
     「タクシーと連携した高齢者の見守りサービス」
     14:50
     和田廣一・全国個人タクシー協会近畿支部長
     「地方創生、個人タクシーふるさと異動制度」
     15:05
     藤野隆之・大牟田市立病院副院長(福岡県医師会理事、救急災害医療担当)
     「JMAT活動−被災地における移動問題−」

     15:25
     ―休 憩―

    ◆パネルディスカッション
     15:30
      テーマ 地域コミュニティの再生と移動の問題(コンパクトシティ+ネットワーク)
      パネリスト
       奥田哲也  国土交通省自動車局長
       今永 博  北九州市副市長
       加藤博和  名古屋大学教授
       庄山和利  西鉄バス北九州社長
       田中亮一郎 第一交通産業グループ社長
             全国ハイヤー・タクシー連合会地域交通委員長
             九州乗用自動車協会会長
             福岡県タクシー協会会長 北九州タクシー協会会長
       石橋孝三  光タクシー社長
       藤村孝治  福岡県個人タクシー協会副会長
             北九親交会個人タクシー協同組合理事長

       司会 武本英之・東京交通新聞社代表取締役社長/編集主幹
    ◆閉 会
     17:00
     閉会挨拶 吉田幸正・北九州市議会議員(紫苑タクシー専務)
    ◆懇親会
     17:30〜18:30

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186